静岡市の宝飾時計専門店TAKARADO(タカラ堂)ブライダル・時計・ジュエリー正規販売店

Topics

新着情報

2021.10.07 InformationPickup

タカラ堂の歴史/【宝台院】編

時計貴金属商開店

タカラ堂の創業者 新貝保太郎。大正時代から米・炭・時計・指輪・婦人の髪道具・サンゴの根かけ・かんざし・帯留めなどを扱い、商いを行っていました。
 
そして、昭和5年(1930年)には米や炭などの販売は全部止め、時計貴金属だけの店としました。
 
タカラ堂では、まさに現在の商売の出発地点(原点)となったこの年を創業年と定めています。

 

宝台院(ほうだいいん)

静岡市葵区にある『宝台院』は、徳川家康公の側室であり二代将軍徳川秀忠公の生母でもある西郷局(さいごうのつぼね)の菩提寺です。
 
また、将軍職を剥奪された徳川慶喜公が謹慎生活を送っていた場所でもあります。当時は、現在の4倍ほど(約1万坪)の広大な敷地だったといいます。勝海舟・山岡鉄舟・高橋泥舟などが度々お見舞いに訪れていたようです。
 
大河ドラマ《青天を衝け》では、近代日本経済の父と呼ばれる渋沢栄一が、フランス留学から帰国し徳川慶喜と面会した場所として登場します。

 


※上記写真は創業時の店ではありません

社名“タカラ堂”の由来

当時、現在の常磐町二丁目 宝台院前通りに五坪位の店を構えていました。外売で、二丁目遊郭・芸者屋・料理店・市内の各知人宅へ足を運んでいたようです。そして…
 
地元静岡に根差した店として、由緒あるお寺の“宝”の字を
私たちが扱う商品が、お客様にとっての“宝物”になるように。
そんな想いを込めて【宝堂】と名付けられました。
 

 
創業から90年以上経った今でも、当時と変わらず宝飾と時計を取り扱っています。こうして商いを続けさせていただけているのも、ひとえに皆様の温かいご支援とご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。
 
「タカラ堂で買ってよかった」
その一言のために、これからも「誠心誠意」、心温まる接客と心に触れるサービスでお客様の想いを紡いでいきます。
 

1930年創業 静岡市のジュエリー時計専門店
タカラ堂 TAKARADO

前の記事
一覧に戻る
次の記事
一覧に戻る

Topics

全ての記事

Fair

Bridal

Jewelry

Watch

お気軽にお問い合わせください

〒420-0031 静岡市葵区呉服町2丁目4-4 
水曜定休 / 営業時間:10:30-19:00 

個人情報保護方針について

Copyright © タカラ堂 . All rights reserved